アルコールチェック
代行
「1コール59円~」

365日24時間コールセンター
「法改正」に完全対応

お電話でのお問い合わせ
営業時間(平日9:00~18:00)

「AI-Contact」はあらゆる業種で導入!

アルコールチェック業務で
こんなお悩みありませんか?

直行直帰ドライバーの
遠隔確認が手間
深夜・早朝など業務時間外の
対応に人件費がかかる
結果の記録や
情報のとりまとめが大変

当社のアルコールチェック
代行サービスにお任せください!

365日24時間
コールセンター
管理社員が出社していない時間帯
も対応可能です。
低コストで
委託可能
1コール59円~からと
社内で内製するよりもコストを抑えることができます。
工数や負担
を大幅軽減
専用点呼管理システム
と連動しており、記録管理も簡単です。

サービスの仕組み

1
専用アプリから点呼依頼
ドライバー様に
専用アプリから点呼依頼をしていただきます。
2
オペレーターが電話確認
オペレーターが貴社ドライバーに
電話でヒアリングして記録を残します。
3
月次報告書を納品
月間コール件数や
点呼記録簿を納品します。
 
アルコールチェック代行を委託するメリット
代行活用 自社社員のみで
管理する
まるまる各種費用を複数社で
シェアするため低コスト
人件費 さんかく単純作業に人件費の高い社員が対応
まるまる24時間365日対応のため
待機時間が安定
ドライバー
待機時間
さんかく管理社員に電話が集中すると
ドライバーが出発できない
まるまる自社管理社員の
業務時間外対応不要
労務問題 ばつ業務時間外でも
管理社員が対応しなければいけない
アルコールチェックはルーティン業務にもかかわらず、業務時間外や高頻度の対応が貴社社員に大きな負担となっています。

NHKでも取り上げられました!

2022年11月28日放送,NHK総合「おはよう日本」

nhk

※この放送はNHKのHPからアーカイブをご覧いただけます。
動画視聴ページへ

アルコールチェックを
「事後報告/確認」で運用されている企業様へ

事後報告/確認は
法令違反であり直接対話が必要です。
2022年4月より試行された改正道路交通法施行規則では
リモートによる酒気帯び有無の確認について、事後確認は不可、
実施時に携帯電話等の対話できる方式により報告する必要があるとされています。
「顔写真など、何かしらの記録を保存の上、管理者は後から確認を行っている」
という運用は法令違反です。

アルコールチェック代行で
法令に沿った運用を低コストで実現しましょう!

交通事故鑑定事業の会社が運営!
オペレーター・システムのこだわり

1.専門知識豊富のオペレーターが対応

対応オペレーターは副安全運転管理者要件を満たすか、専門研修を受講しています。

法令に定められている項目をヒアリングします。

2.点呼記録簿システムと連動

運行管理システム「AI-Contactフリート」(システム料金完全無料)の点呼記録簿機能と連動しています。

専用システムからリアルタイムで状況を確認できます。

アルコールチェック代行を導入するなら今がお得!!
今ならアルコール検知器もらえます!

point
1
1人1台で衛生的!
新型コロナウイルスを含む
感染症の予防運用ができます。
point
2
操作簡単!
息を吹きこむだけで呼気中の
アルコール濃度を測定します。
point
3
見やすい!
ひと目で数値が分かる
デジタル表示です。
アルコールチェック

アルコールチェック代行サービス

お電話でのお問い合わせ
営業時間(平日9:00~18:00)

よくあるご質問

今回プレゼントでもらえるアルコール検知器のスペックを教えてください。
点呼記録システムの契約は必須ですか?
料金表はありますか?
ガラケー、ガラスマでも対応していますか?

AI-Contact シリーズ 貴社のニーズに沿ったプランをお選びください。

AI-Contactフリート
完全無料の運行管理アプリ
AI-Contactフリート
AI-Contact モバイル
社員の交通違反を見える化します!
AI-Contact モバイル
営業時間(平日9:00~18:00)